ホーム>受講案内>ロボット教室
img

ロボット教室

ヒューマンアカデミー ロボット教室のご案内

ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室(小学生向け)

子どもたちに驚きと感動を

日々面白いロボットが生まれ、そしてその実用化が近づいてきています。
「ヒューマンキッズサイエンスロボット教室」では、子どもたちの知的好奇心をきっかけに、自分の手でロボットを作ってもらいます。
組み立てを楽しみ、動かして、その仕組みに興味を持ち、そして自分で工夫する、という一連の授業を通じ、子どもたちは知らず知らずのうちに論理的思考力や空間認識能力を身につけていきます。そして、ロボットへの興味が、算数・理科の学習へとつながっていくのです。
子どものときにしか育めない能力があります。子どもは皆ロボットが好き。
この「好き」を是非活かしてあげてください。

ロボット
ロボット1
ロボット2
ロボット3

授業内容

子どもたちを「理科好き」にする授業構成

基本製作

[目標]

テキストを見ながら、
ロボットを正確に組み立てる。

 

テキスト見て、試行錯誤をしながらロボットを作りあげます。完成した時の感動や動いた時の驚きが、
子どもたちの理科や算数への興味を引き出します。

応用実践

[目標]

1回目に作ったロボットの
仕組みを理解し、改善する。

 

ロボットの動きを生み出す構造を、テキストを通じて学びます。もっと早く走らせるには?
もっと違う動きをさせるには?など工夫を重ねながら自由にロボットを改造します。

指導方針

  • ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室では、感動と驚きを提供します。
  • ロボット製作を通じて、子どもたちは自分が想像した結果と違う動き方をするギアやパーツを見て感動と驚きを
    体験します。
  • それを繰り返すうちに、色々な動き方を知りたくなり組み合わせを工夫するようになります。
  • 自主的に考え、自分の力でさまざまな組み合わせを発見することによって、感動と驚きから学びの楽しさを知り、
    自然に理科が得意科目になっていくのです。

保護者様の声

小学生男子

ロボット教室では「動くロボット」が出来上がるので、作ることへの興味が更に膨らみ、最近では「研修したい」とか、「家電を開発したい」とか将来のことを話してくれます。(小5:森田くんのお母様)

小学生女子

算数が好きでなかったので、理系に強くなるのでは?と思い、始めました。今年から始まった理科に興味を持ち始めているし、楽しそう。楽しみながら創造力などを身に付けてくれたらと思っています。(小3・大山さんのお母様)

コースの特徴

入会月
スタートアップ講座

モーターのしくみやギアの組み方など、具体的な知識を学びます。

2ヶ月目以降
ベーシックコース

写真付きの丁寧なテキストをヒントに、ロボットを作る為の、様々なパーツの組み合わせ方を学んでいきます。
自分の力でロボットを完成させ、ロボットが動く喜びを体感します。
 

ミドルコース

パーツの特徴を理解し、ベーシックコースよりも少ないヒントでロボット制作に挑戦していきます。

特別コース
アドバンスコース

ミドルコース修了生のみが受講できるコースです。
より本格的なロボット制作を学びます。

受講料金など

費用
入会金 10,800円
教具代 30,780円
授業料 月額 9,720円
テキスト代 月額 540円
教具代 19,440円 ※アドバンスコース入会時のみ
授業について
授業時間 1回90分間 毎月2回実施
定員 10名
対象 小学生
アドバンスコース受講対象 ミドルコース修了生(最低10ヶ月以上在籍の生徒)
アドバンスコース入会時期 奇数月(1・3・5・7・9・11月)

※ベーシックコース、ミドルコースともに1年間で12体のロボットを製作します。
アドバンスコースは1年間で6体のロボットを製作します。

途中退校について

途中退校の場合、入会時にお支払いいただいた入会金、教具代の返金はありません。あらかじめご了承ください。

 

実験教室

ロボティクス プロフェッサーコース(中学生向け)

ロボット博士要請講座 4つの特徴

1.本格的なロボット技術をわかりやすく学べる

ロボティクスプロフェッサー

授業では、主に2つのことをやさしいテキストとパソコンで学びます。

・ロボットを製作するために必要な技術
・ロボットを自由に動かすために必要な技術(プログラミングやアルゴリズムなど)

毎回高度な技術を習得し、人型ロボットを作る技術など、専門家レベルの本格的なロボット技術を身に付けます。

 

2.数学・理科が好きになる

数学や理科が得意になる

ロボット工学は、数学・物理の集大成です。
ロボット工学を子どもたちが楽しく「体感」できるよう、教材とロボットにはさまざまな工夫がされています。

 

3.高校受験対策に役立つ

高校受験にも有効なロボット学習

本講座のロボット製作実習は、中学の数学・物理の指導要領や教科書の内容と意図的に対応付けがなされています。
楽しく製作をしているうちに、いつの間にか学校の勉強内容が理解でき、受験対策の勉強ができる仕組みになっています。

4.大学ロボット研究所「fuRo」が総監修・総製作

古田 貴之先生

千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長。
fuRoは学校法人千葉工業大学のロボット研究拠点。日本で初めての法人直轄の研究所として2003年6月に誕生。
福島原発に投入された国産ロボットの開発など、多くの国家プロジェクトを手掛ける。

初年度のカリキュラム

  テーマ 目標
Springターム
4月~6月
オムニホイールロボット
(ロボット製作実習)
3輪駆動で、自由に移動するロボットを製作する
Summerターム
7月~9月
プログラミング
(プログラミング設計実習)
光と音と動きを思い通りにあつかう
Autumnターム
10月~12月
多脚歩行ロボット
(ロボット製作実習)
多脚歩行ロボットの製作でリンク機構を学ぶ
Winterターム
1月~3月
プログラミング
(プログラミング設計実習)
アナログとデジタルを体感する

タームの構成

 

1回目.gif  組み立ててみよう 1ヶ月目
2回目.gif  操縦してみよう
3回目  いろいろな方向に動かしてみよう 2ヶ月目
4回目  回る動きに挑戦してみよう
5回目  センサーを使ってカシコクしてみよう 3ヶ月目
6回目  サッカー大会を開催してみよう

 

授業概要

授業時間・回数
120分/回 ×2回

 

対象(以下のいずれかに該当する方)
●ロボット教室アドバンスコース修了生の方
●小学6年生、又は中学1・2年生の方
  授業料(税別)
入会金 10,000円(税別) 
※アドバンスコースからの進級生は免除となります。

授業料

12,000円(税別)

テキスト代

600円(税別)
ロボットパーツ代 44,000円(税別)
※2年目以降は同額以下の予定。

2014715113147.png

ページ上部へ