ホーム>塾長コラム>自分で考える力をつける教室です。
イメージ画像
塾長コラム

自分で考える力をつける教室です。

 

当、大津学習研究所は、〈自分で考え、自分で出来るようになる〉

お子様の育成を考えています。

その為には、どのようなカリキュラムを構成すべきかを一番に考え、運営しています。

 

自分で考える事を拒否していませんか?

自分で出来るようになるということは、丸暗記する事ではないですよ。

 

例えば、個別学習教室の個別指導コースにおいて、講師は、すぐ隣にいます。

その講師は、計算の問題では、計算の手法を教えますが、答えを教えるわけではありません。

このように説明すると、〈そらそうですよね!〉と言われます。

思考問題では、考え方を教えますが、答えを教えるわけではありません。

考え方を理解するまで教えます。理解していない場合は復習もします。それが学習です。

思考問題の場合、テストでの初見の問題では、理解していないと解けません。

そこが計算問題と思考問題の違いです。

思考問題を暗記しても仕方がありません。それは一夜漬けの学習ですね。

 

そんな指導でいいですか?

そのような指導をご希望なら、責任を持たない学生講師で十分では・・・・・!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.otsu-study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

ページ上部へ